梶原乳業マーク
HOME文字ボタン


conceptボタン
コンセプト文字ボタン


manufactureボタン
製造文字ボタン

新鮮&安全、オートメーション文字ボタン

deliveryボタン
配送文字ボタン


developmentボタン
製品開発文字ボタン





profileボタン
会社案内文字ボタン


history of milkボタン
牛乳の歴史文字ボタン


health with milkボタン
牛乳と健康文字ボタン

  牛乳はいのち!! Milk World

新鮮タイトル

安全検査写真


新鮮見出し



チェック写真


パイプライン写真


製造ライン写真


計器板写真

 代の食をサポートし、健康づくりに深くかかわる乳業メーカーとしての責任は、まず何よりも安全かつ信頼のおける製品づくりにあります。ましてや牛乳をはじめとする乳製品は生きものです。生乳のなかにもともと含まれている細菌を超高温瞬間、あるいは低温長時間殺菌法により完全に殺菌するとともに、全製造工程にわたって細菌の入らないよう細心の注意を払わなければなりません。



 
工場では、徹底した省力化と連続処理による一貫生産システムによって授乳から製品の充填まで、ほとんど空気にふれることなく連続生産できるようになっています。
さらに製品づくりの各工程において念入りな洗浄と高温高圧スティームによる消毒がくり返し行われています。



 
うした安全性確保への最善の努力に加えて、梶原乳業では自社基準にもとづく原乳と製品の抜取り検査を一日30回以上実施、専任の研究員が最新の分析機器による測定や培養試験などを通じて、有害細菌のチェックや成分検査を厳しく実施しています。



 
た常に安定した製品づくりを実現するために、酪農家からの授乳の際には、生乳の外観、色沢、風味、アルコール試験、乳温、比重、酸度、脂肪率、無脂乳固形分、
全固形分、塵挨、総菌数、低温細菌数などの検査を毎授乳ごとに行うほか、抗生物質、農薬、生菌数、低温細菌数などの検査も必要に応じて行っています。



 
原乳業では、新工場建設に当たって竜の口の山ふところに抱かれたすばらしい立地環境にふさわしいクリーンで無公害の工場づくりを当初からの建設の基本としました。広い敷地に余裕を持って建てられた工場の外壁は白くシンプルなデザインとし、周囲の景観に十分に配慮するとともに、製品づくりの過程で大量に使用する洗浄水などの排水処理施設なども完備しました。これからも、地元の方々に地域の一員として共感をもってお付き合いいただけるよう、クリーンでエコロジカルな工場づくりに努力してまいります。



オートメーション工場文字リンク




ホームコンセプト製 造オートメーション工場配 送
製品開発温暖化対策行動計画会社案内牛乳の歴史牛乳と健康
Email:kajihara@mxs.mesh.ne.jp

梶原乳業株式会社
〒701-2142 岡山市玉柏277
TEL 086-229-2911(代) FAX 086-229-2955

Copyright(C) 1997 KAJIHARA MILK PRODUCTS CO.,LTD. All Right Reserved